前へ
次へ

肩こりの人用なのにと思わず笑った出来事

家族で旅行に出かけて、旅館に着いた時にふと小さい弟が、部屋にあるものを手に取り、なにこれと不思議そうに質問してきました。手に持っていたのはかなり大きめのツヤツヤとみがかれた枝。何だろうかこれはと思った瞬間に、肩こりをマッサージするためのマッサージの棒だという事に気が付きました。かなりどっしりとした重さで、これはききそうだと思い、早速借りて肩の疲れを癒していたら、僕も使ってみたいと弟。小学生でしたので、さすがに肩こりはないのではと、家族で見守っていましたが、嬉しそうに肩を押しながらこれはいいねとご満悦でした。意外と肩こりって小さい子供でもするものなのねと発見するとともに、小さな弟の笑顔がかわいらしくて家族で和みました。今では体も大きくなり、立派に社会人となった弟ですが、肩こりをするのは相変わらずだそうで、実家に帰ってくるとマッサージしてくれーと頼んできます。あの時のマッサージの棒を使って自分でマッサージしていた時代が懐かしいです。

Page Top