前へ
次へ

実は危険な肩こりの放置

症状の程度に差はあっても、ほとんどの方が肩がこっていると感じたことがあるのではないでしょうか。たかが肩こりと放置している方も多いと思いますが、実は症状が悪化するとこり以外のトラブルを併発することがあります。よくあるトラブルとして頭痛や眼球痛を伴うほか、更に重症化すると吐き気を催すことまであるのです。少しでも辛いと感じたら、放置せずにこりを解消するように努めるのが良いでしょう。それでは、どのようにこりを解すのが効果的なのでしょうか。軽度の肩こりであれば、マッサージや鍼灸治療を受けてみるのも一つの方法です。これらの方法は、緊張した筋肉を柔らかくするため、普段はそんなにひどいこりは感じないけれど、一時的にこりが溜まっているというような時に効果があります。一方、慢性的な肩こりで常に辛いと感じている場合には、せっかく施術を受けても、焼け石に水になってしまうことも少なくありません。あまりに肩こりがひどい時には、医療機関を受診しましょう。

Page Top